'."\n" ?> 地域によって違う天ぷら

HOME >> 天ぷらの歴史 >> 地域によって違う天ぷら

地域によって違う天ぷら

地域によって違う天ぷら

天ぷらには大きく分けると、関東風と関西風のものがありますが、地域によってその料理方法は違っても、いずれも衣を付けて揚げるものです。

現在では、関東風も関西風も混ざってきているような感がありますが、天ぷらという言葉が広く使われるようになっていた当初は、天ぷらの言葉の解釈や料理方法に多少の違いが見られるものでした。

関東風の天ぷらは衣に卵を入れて混ぜてあり、胡麻油を使って高温でサッと揚げるので、出来上がりがキツネ色にこんがりとした色合いで仕上がるのが特徴でした。

それに対して関西風の天ぷらは衣に卵を入れず、小麦粉だけを水溶きせずに付けてサラダ油を使って低温でじっくりと揚げるので、出来上がりが白っぽくなるのが特徴でした。

さらに天ぷらが関東と関西で違いが見られるのは、天ぷらのタネに違いが見られたからだそうです。

関東では主に魚を天ぷらのタネに使っていたので、魚の臭みを取り除くために胡麻油が使われていて、出来上がった天ぷらはだしを薄めて大根おろしを加えた天つゆを付けて食べることが多かったようです。

関西では天ぷらのタネとして主に使われているのは野菜が多く、野菜の風味を生かしながら食べるために塩を少しだけ付けてあっさりと食べるという食べ方が多かったようです。

現在では関西でも天ぷらの衣に卵を溶いていれることがほとんどですが、卵黄を多く使った衣になっていれば、金ぷらと呼ばれ、卵白を多く使った衣になっていれば、銀ぷらと呼ばれることがあります。

ところで関西で天ぷらといえば、料理する天ぷら以外に、さつま揚げ風になって売られているものも天ぷらとして呼ばれます。

おでんの具としても定番である平天やごぼう天なども、関西では天ぷらと呼ばれるものに含まれます。

関西では天ぷらを表すものが広い範囲であるということは、天ぷらの言葉が広まり始めたころに、天ぷらが油料理を意味する総称として使われていたという形がそのまま残っていたためではないかと考えられています。

天ぷら事典は、天ぷら大好きな管理人が天ぷらについてあれこれ調べてみました。

ピックアップ!:いつ日本料理となったのか

天ぷらが元々日本で生まれた料理ではないということは、いろいろな説があるものの、多くの人が知っているこ・・・・