天ぷらは魚介類、野菜、山菜 等に、衣をつけて油で揚げた料理です。

これまでの歩み

天ぷらといえば、油の存在を欠かすことができませんが、日本ではどの地域でも元々油を使った料理を古くから取り入れているようなところはありませんでした。

油を使った料理を取り入れた最も古い記録は、奈良時代であるといわれていますが、この頃はまだ天ぷらのようなものではありませんでした。

室町時代には、油を使って炒めたり揚げたりした料理が時々取り入れられるようになってきていて、これは天ぷらのルーツのようなものであったとされていますが、これもまだ時々であり、油を使った料理はご馳走でした。

天ぷらの料理方法については、ポルトガル人などから、最初に九州地方の人々に伝えられたという説が有力であるとされています。

日本に天ぷらが伝えられた当初は、天麩羅という漢字が当てられていましたが、正しくは天麩羅揚げという料理名でした。

天麩羅の麩は小麦粉を、羅は薄く付けた衣という意味を持っています。

下ごしらえをした素材を天まで上がるように揚げるという意味がつながって、天麩羅という漢字が使われたのです。

揚げ物を総称して天ぷらと呼ばれるようになったのは、江戸時代に入ってからのことになります。

江戸時代の天ぷらは魚介類を素材として作ったものを天ぷらと呼び、野菜類を素材として作ったものは精進揚げと呼んで分けていました。

江戸時代の天ぷらとは屋台で食べることができる、庶民の料理として見かけることができるものでした。

屋台に天ぷらを食べにやってくるのは、地方から単身赴任をして、江戸で働いていた職人の人々でした。

天ぷらが庶民の料理であるとはいっても、油は高価なものでしたので、天ぷらは、それから時代が進んでもまだ頻繁に食べることができるという料理ではありませんでしたが、それでも油を取り入れることは身体のエネルギーとなることから、天ぷらは時々家庭の食卓にでてくる料理となりました。

今日では、天ぷらは料亭などで食べることができる日本料理の代表メニューとして、また家庭で手軽に食べることができるメニューとしても多くの人に愛されています。