天ぷらは魚介類、野菜、山菜 等に、衣をつけて油で揚げた料理です。

いつ日本料理となったのか

天ぷらが元々日本で生まれた料理ではないということは、いろいろな説があるものの、多くの人が知っていることであるかと思われます。

天ぷらは今から400年ほど前に、南蛮人との交流が多く、南蛮文化を取り入れることに積極的であった長崎にきたポルトガル人によって伝えられた料理であるとされています。

天ぷらが伝えられた当時、日本では油が夜間の灯りのために使用するためにだけ使われていたとても貴重なものでありました。

そのため、多くの油を使用して調理することになる天ぷらは高級な料理として、すぐに日本中に広まるということはありませんでした。

天ぷらが広まり始めたのは、油を生産する量が増え始めた江戸時代に入ってからのことです。

江戸で屋台から始まった天ぷらのメニューは、庶民に親しまれる大衆のものとして広まりを見せていきました。

屋台で売られていた天ぷらは1切れずつに串を刺して揚げられているもので、串に刺したまま天つゆに付けて食べました。

1串単位で値段が付いていたので、必要な分だけを食べることができる天ぷらという気軽なものでした。

屋台での天ぷらでは天つゆの器を囲んで多くの人が天ぷらを食べていましたので、1本の串に付けることができる天つゆは1度だけであったようです。

このころは天ぷらがおかずというよりも、間食のような意味合いで食べられていたのだそうで、天ぷらは庶民の料理であり、まだ日本料理というものではありませんでした。

天ぷらの料理方法が最初に伝えられたのはポルトガル人によるものですが、日本人風に食べやすく上品な雰囲気に改良されていき、この後天ぷらは寿司などと並ぶ日本料理の代表という位置付けがなされることとなります。

天ぷらを扱う専門店や、料亭などが見られるようになってくるのは、明治時代以降のことになります。

この時代になってくると、天ぷらは日本料理の代表として料亭でも定番のメニューとなり、現在でも天ぷらは日本料理として多くの外国人の人にも認知されているメニューであります。