天ぷらは魚介類、野菜、山菜 等に、衣をつけて油で揚げた料理です。

天ぷらの食べ方のスタイル

天ぷらのタネにはならないものはないといわれるくらい、たくさんの素材が天ぷらのタネとなることができます。

そのようにたくさんある天ぷらのタネの中でも、天ぷらといえばエビで始まりエビで終わるといわれているくらい、エビは天ぷらのタネとして代表的な存在です。

大きなエビの天ぷらはもちろん天ぷらの代表的な存在ですが、桜エビなどの小さなエビも天ぷらのタネとして人気があります。

関東で天ぷらのタネとして代表的であったのは魚介類ですが、エビの他にもイカやホタテやホッキ貝などの貝類、キスなども白身魚の天ぷらとして定番のタネであるといえます。

白身魚は淡白な味わいなので、そのまま天ぷらにするばかりではなく、海苔を1枚巻いてから天ぷらにしている店もあります。

関西では野菜が天ぷらのタネの中心となりますが、サツマイモやジャガイモ、ニンジンやレンコン、ナスやゴボウなどの野菜以外にも、青じそなどといった薄いものも天ぷらのタネとなります。

天ぷらの中でも、かき揚げはこれらの野菜を一度に天ぷらとして味わうことができるので、とても人気が高く、特にゴボウやニンジンや玉ねぎなどといった根菜が中心となったかき揚げはよく見られます。

またかき揚げは野菜が入ったものばかりではなく、エビなどの魚介類が合わさったものも豪華になります。

またその地域ならではといった素材も天ぷらのタネとして見られます。

北海道ではカニの天ぷら、福岡では鶏肉を使ったとり天と呼ばれる天ぷらがその地域独特の天ぷらとして有名です。

だしをとった後の昆布や、天ぷらのタネにするには意外な思いがあるサキイカなども天ぷらのタネとして良い存在なのだそうです。

これまで天ぷらのタネにしたことがなかったタネを加えて冒険してみても、また普段は苦手な素材を天ぷらにしてみても、新しい発見があるのが天ぷらなので、今までと違ったタネにどんどんと挑戦することもできます。

家庭でできる天ぷら以外に、外で天ぷらを食べる機会に新しいタネを研究するという人も多いようです。