天ぷらは魚介類、野菜、山菜 等に、衣をつけて油で揚げた料理です。

いよいよ天ぷらを揚げる

天ぷらを揚げるための鍋や油を用意し、衣の作り方を知り、天ぷらの材料を揃えたら、いよいよ天ぷらを揚げることになります。

天ぷらを揚げるときには、タネに付いている水気を充分に取り除いてから衣を付けて油に入れることで、油が跳ね返ってくることを防ぐことができます。

タネの水気を1つ1つ拭き取るということは、手間に感じることかもしれませんが、この作業を行っておくことで、油の跳ね返りによる火傷の心配がなく、キッチンも必要以上に汚れなくて済みます。

油に火を入れて、天ぷらを揚げるために必要な160℃以上になったら、揚げ始めから揚げ終わるまでできるだけ油の温度を上下させないで調理を終えることがポイントです。

一度に油の中に材料を放り込んでしまわないで、適度な量を少しずつ揚げていくようにするだけで、油の温度が急に下がることを防ぐことができます。

大きめの鍋に、ゆったりと揚げられるくらいの多めの油を入れて、鍋の半分くらいが衣を付けた天ぷらで埋まるくらいが目安となります。

さらに、天ぷらの材料の大きさや厚さをできるだけ同じようにしておくことも天ぷらにムラなく火を通すコツになります。

天ぷらのタネを油に入れたら、重要なのは、油から引き上げるときのタイミングです。

素材によって火の通り方が違っているので、どの素材でも同じ時間油で揚げていれば良いというものではありません。

衣を付けた天ぷらを油に入れると、最初は大きな泡が立っているのが分かります。

衣の水分が揚げることによって蒸発していくと、その泡が小さくなってきますが、泡がほとんど見えなくなったと感じたときが天ぷらを油から引き上げるタイミングです。

意外と知られていない天ぷらの衣の役割があります。

天ぷらのタネとなるものに付ける衣は、高温の油とタネの間に立つ役割をしていて、油に入れたとき、衣から少しずつ水蒸気が出ることによって、包んでいるタネに優しく火を通すのです。

ですから、衣の水分がなくなり、油の中で泡となって見えなくなったときには、衣が油を吸収していて、タネにも火が通っていて、天ぷらがカラッとした状態で仕上がっているのです。