天ぷらは魚介類、野菜、山菜 等に、衣をつけて油で揚げた料理です。

アイスクリームの天ぷら

アイスクリームの天ぷらを見かけたことがある人はその不思議な取り合わせにまずは驚いたのではないでしょうか。

普通にアイスクリームを天ぷらの衣に付けて揚げただけでは、高温の油に入れて揚げているうちに中のアイスクリームが溶け出してしまいそうです。

アイスクリームの天ぷらとはなかなか謎な存在の天ぷらです。

アイスクリームを高温の油に入れても溶け出してこないようにするためには、油の熱が内側にあるアイスクリームにはできるだけ伝わらないように工夫することが必要となります。

アイスクリームを食パンやカステラなど、空気をたくさん含んでいる食材で包んでから天ぷらの衣を付けることで、高温の油から伝わる熱を内側にあるアイスクリームに伝えにくくしますので、アイスクリームは油で揚げても溶けにくくなります。

アイスクリームそのものが甘い味なので、カステラやパンケーキのような少し甘いものがアイスクリームに合い、天ぷらの衣に厚みが出ます。

アイスクリームは天ぷらにする球状に形を作って、カステラや食パン、パンケーキなどで包み、そのまま1つずつ冷凍して1晩置いておきます。

最近人気が高い半熟卵の天ぷらのように、アイスクリームの天ぷらも衣がサッと固まる程度に揚げればそれで充分となります。

アイスクリームの天ぷらのカラクリが分かれば、意外と自宅でも簡単に作ることができますので、家族の驚く顔を見たいという人は試してみる価値があります。

アイスクリームの天ぷらは、天ぷらの専門店でも見かけることができますが、ラーメン店や焼肉料理の店、鍋料理の店、カレーライスの専門店など、こってりとした食事を提供する店で食べることができるチャンスが多いように感じます。

デザートにあっさりとしたアイスクリームがメニューに載っていることは当たり前に感じて家に帰ってから食べようと思っても、アイスクリームの天ぷらが載っていると思わず食べて帰ってみようかなと思う人が増えているそうです。

アイスクリームの天ぷらも、他の天ぷらと同様、作りたての熱々のところを食べるのが、アイスクリームが溶け出していなくて一番おいしいというところも面白いところです。